忍者ブログ

ハンドパン音源

サマーセールのお知らせがきたので、モチベupもかねて買ってしまいました。
スチールドラムじゃなくてハンドドラムです。
スチールより、柔らかいというかふわふわした音なんですが、絶妙な余韻がたまりません。
でも思ったより使いどころが決まらなくて、持て余してます。
中華風の曲でリズミカルにたたかせようと思ったけど、
余韻が重すぎてリズミカルにはちょっと違う。


そもそもなんでスチールパンやハンドパンのイメージが中華風?と、
あれは中国の楽器ではないので‥

スチールドラム=中華風というちょっと変わったメージがついたのは、
昔子供のころに見に行ったエレクトーンコンクールで草原情歌を弾いていた子がいたんですが、
その子がスチールドラムの音でサビのメロディを弾いてたんですね。
それがもうたまらなく哀愁を誘われ、それ以降中華風で攻める=スチールドラムという構想が頭の中に居つくようになりました。

前にここにも書きましたクライズラーカンパニーのあの曲です。
あの出だしのシンセのメロディです。
それをスチールドラムで弾いてたんです‥あの曲を編曲した演奏していた子の先生に感服です。

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © memo : All rights reserved

「memo」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]